男性と女性の浮気の違い

男性はみんな浮気をする、と断言する人がいます。本能だとか、甲斐性だとかいって、正当化する人もいます。きっとそんなふうに言うのが男なら、自分自身が本当に愛せるたった一人の女性に巡り会えないでいるのでしょう。そして女なら、いつも二股されたり、遊ばれたりしているのでしょう。

相手の不貞行為で別れたなどと言っていても、実は彼女自身がただの遊び相手で、相手には本命の女性がいる可能性も充分にあります。本能と言うのは、子孫を残す本能のことを言っているのでしょう。確かに動物にはみな種を保存する本能があります。

しかしそれは女性も同じことですから、男性だけが浮気をする理由にはなりません。甲斐性と言うのは、一体いつの時代の話でしょうか。本妻のほかに愛人が何人もいて、皆の生活の面倒を見ているいうなら、確かにそれは甲斐性です。しかし、今時そんな男は滅多にいません。あちこちの女性に目移りする男に限って甲斐性などなく、女に平気で驕ってもらったりします。

世の中には、浮気をしない男性もいます。稀と言うわけでもありません。本当に愛する女性に出会ったら、他の女になど興味はわきません。一穴主義などといってバカにする人もいますが、きっと本当の愛を知らない人間のやっかみです。

しかし、どんなに素晴らしい女性に出会っても、他の女性に手を出すことを止められない男がいることもまた事実です。どんなに尽くしても、どんなに愛を誓い合っても、何度も不貞行為を繰り返す男と付き合っているなら、病気だと思ってさっさと別れた方が良いでしょう。

浮気をしない男性に選ばれるには、女性の方も努力しなければなりません。一途な男性は、一度ハートを掴むと生涯他の女になど目もくれず、大切にしてくれますが、女性に求めるハードルも高い傾向があります。男を立て、聞き上手で、仕事やこだわりに理解を示してくれる女性を好みます。仕事のことに口出しをしたり、家事の分担を求めたりすると、愛が冷めて去っていくかもしれません。

一人の女性で満足する男というのは、相対的に女好きではありません。女好きは、やはり好みのタイプの女を見ると口説かずにはいられません。女好きではない男は何かほかにこだわりがあったりします。職人気質で仕事一筋であったり、何か夢中になれる趣味を持っていたりします。女性にかける時間もお金もない、というタイプです。そういう男は、自分の領域に踏み込んでこられるのを極端に嫌います。そっと優しく見守ってあげる広い心が求められます。

浮気ということに関すれば、男性と女性で考え方などが違うものです。早い話、男性は浮気をすれば女性に体の関係をまず求めます。それによって多くの男は気持ちが満たされ、幸せな気分になります。抱かせてくれたということは浮気相手の女性が自分のことを受け入れてくれたと判断してしまう訳です。

ただし、これが女性の場合、少々思いは異なります。例えば家で旦那さんとの仲が悪くなり、不倫に走る奥さんは、外で不倫相手が見つかったとしても、すぐにセックスをして体の関係になりたいとは一概には思わないものです。それよりもお互いの話をし、お互いを知って徐々に距離をつけていくという心のつながりの関係を求めるのです。

もちろん、不倫関係ですのでいずれは体の関係は持ちますが、それはお互いがお互いのことを理解し合い、気持ちの部分で深くつながって深い愛のもとで行われることを理想と思っているのです。男女の思考にはこれほど差がありますので、不倫の初期などはともに非常に不安定な心理状態になったりもします。

男の場合、意気投合して仲良くなった不倫相手と一刻も早く体の関係を持ち、心身ともに癒される時間を持ちたいと考えますが、女の場合は目の前の不倫相手と個々とで深くつながっているという確信がないと、抱かれても不安という心理になります。従って男主導でこういう関係が進んだ場合、女は飽きられればすぐに捨てられるのではないかという不安に襲われます。逆に女主導での関係親交の場合は、男は抱かせてくれない不安と不満に襲われてしまうのです。

ちなみに片方が多くの異性経験をしているような場合、経験を積んでいる方が相手に合わせて関係を維持していくことが可能になります。不倫や浮気というものは社会的な観点からすれば決して好ましいわけではありません。ただし、男と女というのは非常に複雑な関係ですので、付き合っている恋人同士や結婚した夫婦が、いつまでも現在と同じように良好な関係を維持でいるということは難しいのです。

夫婦の場合、セックスレスも社会問題になっていますが、セックスレスになって片方が不満になり、不倫に至るというケースが非常に多いです。不倫関係になった場合、理想は絶対に誰にもばれずに関係を進行させることです。家族がいる場合、不倫がばれてしまえば子供にも迷惑がかかりますし、会社でも重要な役職からはずされて左遷されてしまう危険性もあるので、そういった点を認識しておくことが大事です。

女性にも浮気願望はある時もあります。ですがこれは男性、女性という見方ではなく人間という見方をした方が適切です。浮気願望とはその人が置かれている状況や環境が生み出すもので、何も無い状況から浮気願望が出てくる人はいないでしょう。パートナーや好きな相手以外にも人が居る環境だから願望を持つ可能性がある訳です。それがもしパートナーや好きな相手以外誰も居ない環境だとしたら願望なんて出てこないものです。

反対に、個人個人の想いからなる状況というのは、環境など関係ないのです。例えば、パートナーに選んだ相手を本気で想えていない状況であったり、好きな人と言いつつもそこまで本気で想えていない場合、パートナー以外の人だったり、好きな人以外の人を見てしまい、願望が出てくるでしょう。

一方、これ以上は居ないと想える程の相手をパートナーに選んでいる人や、本気で好きな人を想っている人には、どんなに多くの人が周りに居る環境であってもその相手しか見えないものです。それがずっと続くと言う保証はないですが。またパートナーであればお互いの、好きな相手が居る人であればその相手の、価値観や考え方に納得出来なかったりズレがあると、どこまで受け入れられるかという問題になってきますが、それは我慢になるので始めは良くても一緒に居る中でマイナス面が増えて来ると溝は段々深まっていくでしょう。

そんな時、自分の価値観や考え方に似た人が現れれば誰だって心は動くでしょう。元々全てが合う相手など居るのかも分からない、居たとして出逢えるか分からない。そんな中でお互い、相手が満たせない自分の一部を、他の誰かが満たせる事だってある訳です。

一言で浮気と言っても、一人ひとりその幅は違うので、そう言った事が浮気と言えるのかどうかは二人の恋愛に対する考えがものさしなので、何とも言い難いですが、お互い冷めていれば、浮気と言う言葉も軽いもので、何方かが裏切ろうが裏切られようがお互い傷付く事も無い訳で、浮気という自覚すらないのかもしれません。

しかし、軽い浮気でも重い浮気でも行動にした人が目立っただけであって心の浮気はもっともっと沢山あるはずです。夫婦やカップルという形に縛られている為に心だけに留めているというような。女性に浮気願望はあるのかと言う問いに対して、白黒ハッキリした答えはないでしょう。その女性の選択と置かれた環境によって白にも黒にもなりうるからです。そしてそれは、女性に限らず人間誰しもそうでしょう。

東京の探偵を探す

【浮気チェックの最新記事】