調査費用の相場はあってないようなもの

探偵を選ぶ際に最初に確認することは「探偵業の業務の適正化に関する法律」に基づく届けをしているかどうかという事です。
この法律に従って提出をしていれば広告やホームページなどにその旨がしっかりと書かれています。これは絶対に必要という届け出はありませんがある程度真面目にやろうと思っている業者であればほとんど届けでを出しているので、しっかりと届けを出している探偵を選びましょう。

次のポイントとして値段を確認します。この業界において相場というのはあって無いようなもので、捜査の仕方や人件費などで価格は大きく異なります。そうは言っても限度があるので、過度に料金が高い会社というのは選んではいけません。

また逆に料金が安すぎる会社というのも、捜査をしっかりと行なっていなかったりあとから追加料金を取ると言った悪質な会社の場合があります。悪質な会社の見分け方の一つとして関係業者で作る組合である「社団法人日本調査業協会」に加入しているかどうかというのもあります。

このような選び方である程度の目星をつけたら、実際に相談や見積もりを依頼してみましょう。
その際に複数の会社に依頼するなどして、ある程度の相場や契約内容など納得できる会社を探すことが大切です。またその際に法定の書類があるので、それを出さない会社は断るようにしましょう。

他にもいろいろな選び方というのはあるのですが、どんな優秀な会社であっても100%見つかるという事はありません。なのでそういった文句を並べる会社は怪しい会社が多いです。
【探偵の選び方の最新記事】