配偶者の不貞行為が原因で離婚する時

離婚の原因としては、性格の不一致や、配偶者の浮気、DVなどさまざまな原因があります。配偶者の不貞行為が原因で離婚する場合、何よりも大切となってくるものが不貞行為をしていた証拠です。配偶者がすぐに浮気を認めて、慰謝料の金額や子どもがいる場合は養育費の支払いがもめることなく進めばいいのですが、まずそのような事はほとんどありません。

大方の人は浮気を問い詰められても証拠がなければ否定し、のらりくらりと逃げられてしまうでしょう。では大切な証拠はどのようなものがあればよいのでしょうか。


一番調べやすいのがメールやラインです。浮気を疑ったらまず誰でも調べるでしょう。メールやラインも、ただ、「好きです」や「会いたい」などの内容では裁判になった際、効力はありません。きちんと不貞行為が明らかにあったと言える内容が必要になります。

例えば「この前のホテル最高だった」や「この前のエッチよかった」などです。もし、このような証拠があったら、日付がわかるようにして写真にとりましょう。もし、携帯に何も残っていない場合は現場を押さえる必要があります。例えばホテルに入っていく写真があれば徹底的な証拠になります。しかし、自分でそのような証拠を得るのはなかなか難しいため、探偵にお願いして証拠をつかみます。

離婚して慰謝料請求する場合証拠が慰謝料の金額にも影響します。不貞行為の期間が長いほうが金額は高くなり、頻度が多い方が高くなります。もちろん、慰謝料は相手にも請求できます。不倫は許される事ではありません。毅然とした行動で慰謝してもらいましょう。
【探偵の選び方の最新記事】