主人の浮気が気になったら

じつは、浮気チェックは、チェック後の目標によって内容がことなります。慰謝料をもらって離婚を考えている方の場合は、相手に突きつけられるだけの法律にのっとった証拠があれば有利になりますから、具体的な証拠が必要になります。

この場合は、探偵を雇ってご主人が浮気相手と会っている証拠写真を撮るなどの手段をとることになります。浮気を謝って欲しいとか、反省して欲しいという場合は、通話履歴や怪しげなメールの内容を写真にとって証拠としたり、不明瞭なお金を使い方をしたレシートや領収書の控えを取っておくことで、ご主人が認めたりお詫びの言葉をくれたりするかもしれません。

これらの場合でも、浮気チェックに大切なことは、あくまでもご主人に浮気チェックを感づかれないこと、怪しんでいると思われないように、奥様が冷静沈着に行動し、だんな様の浮気の証拠を集めていくことなのです。

そしてご主人の怪しい言動については、メモを残す、録音しておくというような記録を残す習慣をつけると、浮気チェックでの証拠集めがより簡単になるのです。
【浮気チェックの最新記事】